富士登山

富士登山

富士登山初心者でも、安心に上れるように必要な情報などを紹介。

人気買い時通販 > 富士登山

冬の富士登山

冬の登山は世界一危険だという話を聞いていたが。
具体的に何がどう危険なのか?

具体的に話すと冬山においては急激な気象の変化がある可能性が高く
厳しい自然条件下にあり、少しの油断や判断の誤りが、
人命に関わる大事故に結びつきます。

原因の1つとして、冬の風になります。

冬型になると北西風が突風に変わるからです。

測候所の職員の場合、南西風なら微風でもまず出発しないという
話も聞きました。

なので、1番慣れているといってもいいくらいの職員でさえ
風には十分すぎるほど、警戒しています。

富士登山マラソン

なぜ、過酷な場所でマラソンをするのか?

マラソンと登山をやっている人は一度は出たいと思うと
いうような話を聞きました。

マラソン当日でも、登山はできるようですが
マラソン参加者とかぶることになるので
一般の人は少し危険でもありますね。

もし、マラソンに参加されるのであって
初めてであるならば、注意するのは高山病。

高山病は、この前大丈夫だったから、今回も大丈夫ということはありません。

ある人の話では、3000m級の山に登ると、
若干の頭痛などの軽い高山病になっていたと言います。

その方の経験上、その前の数日間に寝不足だとか、
風邪をひいたなどの体調管理に問題があると発症していたそうです。


だが、最近近所の里山(標高900m程度)でトレランをやるようになって、
心肺能力が高まってからはそのような症状になることはなくなったそうです。


高山病というのは低酸素状態に対する体の慣れ具合なので、
低山でも高負荷を体にかけることで、似たような低酸素状態になり、
体が順応してきたと推測されます。

なので、富士山ほどの高さを経験するのはむずかしいですが、
1000メートル級の山でも、いいので繰り返し練習して
なれることが高山病対策にも、マラソンのトレーニングにもなります。

平地ばかり走っていてもしょうがないですから。

富士登山 ツアー

そこまでして、登りたいのか?

実際のところそういう人は多いようです。

これは、江戸時代の人々も同じようだったと
聞いています。

もし、山頂に立つのが目的であれば2泊するプランのがいいという話を聞きます。

よほどのことがなければ富士山頂に立つことができます。

だいたい、8合目周辺の小屋で仮眠をとりご来光にあわせて
山頂を目指す一泊のツアーなので当日の体調や天気次第では
断念せざるを得ない場合があります。

問題なく山頂にいけても、帰りの時間があります。

帰りは帰りでスイスイというわけには行きません。

焦って降りて、転んでということになったら大変です。

なので、時間に余裕を持つことという意味で
一泊をお勧めします。

一泊の場合は一人当たりの寝床のスペースが広く
確保されているものを選びましょう。


実は、ツアーで大事なのがここ。

安いツアーだと寝るところが十分に用意されておらず
すし詰め状態という話も聞きます。

1つの例ですが夕食は、レトルトカレー、
普通の1人前の半分くらいです。

朝食に持たされる弁当はレトルトご飯オンリーなんてこともあります。

冗談みたいな話ですが、現実には激安ツアーなんかは
こんなことがあると聞きます。

もし、健康で若くて男性なら大丈夫でしょう。

しかし、この条件に当てはまらなければ
多少高くても、大手のツアーなんかを選ぶのがベストであったりします。

値段ではなく、質もしっかり見極めましょう。



富士登山 トップへ戻る