印鑑

印鑑

実印、登録印、銀行印などなどはんこの情報を紹介

印鑑 フリーソフト

フリーソフトで調べるとたくさんあります。

もちろん、パソコンで実物を作れるわけではありません。
電子ドキュメントに印鑑・印影をプリントすると言う形になります。

ただ問題なのが、性質上セキュリティー性を求める方がいます。


ただ、フリーソフトなのでセキュリティー性を求めるのは
難しいと思います。

なので、やはり本物を使用した方がいいかと思います。

シャチハタ印鑑

シャチハタ

代名詞になってる感があるほど浸透しているようです。

シャチハタとは何かと言う話から。

スタンプタイプの簡易タイプの物です。
「シャチハタ」と言うのはそれを製造販売している会社の社名です。

大量生産タイプなので、同じ姓では全て同じ形になってしまいます。

認印以外では基本的に使用出来ません。
銀行での使用や、公式な書類等では使用出来ません。

「シャチハタ」以外の同じタイプのものも、
一般にシャチハタと呼ばれることが多いです。

しかし、「シャチハタ」は会社名であり、
他社製品は「シャチハタ」ではありません。

正確に言うとこんな感じです。

なぜ、シャチハタではいけないのか。

これには、いろいろあり

大量生産であるから、コピーもしやすい。

材質がゴムであるから、時間と共に変形がしやすい。


性質上、時間が経過するとインキが薄くなること。


そんな感じで、公的な文書では使用できない理由です。

赤ちゃん 印鑑

赤ちゃんが生まれたときに作る方が多いようです。

将来の為にと思って作る方がいるようです。

そこで、話題になったのが名字で作るか名前にするか?

名字にすれば、将来結婚した時
名字が変われば使えなくなる。

その点、名前にすれば変えなくて済む。

難しい問題です。

ただ、赤ちゃん用ですから
かわいいものを選んでもとりあえずは良いのではないでしょうか。




印鑑 トップへ戻る