更年期障害

更年期障害

更年期障害について紹介

人気買い時通販 > 更年期障害

更年期障害とは

どんな意味かというと、まさに性成熟期から生殖不能期への移行期(45〜55歳)に
あたり、平均51歳で訪れる閉経以降の30年余の生活をいかに健康に過ごすかを
考えるための人生の節目といってもよいでしょう。

さらに、この時期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に
関係しあって起こる、不定愁訴の総称と考えられます。

更年期障害の症状

一般的に症状は、「身体的な症状」と「精神的な症状」が現われます。
又、多くの症状が同時に発症する為に、不快な思いをする事が多いのも特徴なのです。

例を挙げるとこんな感じです。

うつ
気分が憂鬱で元気が出ない状態がしばらく続き、
物事を決断できなくなったりで、日常生活に支障が出る病気です。

めまい
言葉のまま
こちらも、日常の生活に影響が出ます。

頭痛
頭部に感じる痛みのうち、表面痛でないものを頭痛と言います。

耳鳴り
外では音が鳴っていないのに音を感じている状態を耳鳴りと言います。

のぼせ、ほてり
顔、頬、上胸部が突然熱くなり、紅潮して心拍数が増す症状で、
発汗を伴うことが多いと言われています。

動悸
自分の心臓の鼓動が日常より激しくなったり、
リズムが乱れたりしすることを動悸と言います。

不眠
一般的な眠れないだけでなく、夜中に何度も目が覚めてしまうと
言う症状も不眠になります。

不正出血
性器から生理時以外に出血する不正出血は、
ホルモンバランスの乱れなどが原因となる『機能性出血』と、
外陰部の軽い炎症や腟炎、子宮筋腫や子宮がんなど何らかの病気などが
原因で起こる『器質性出血』があります。

このような症状がでたら、要注意です。

お医者さんに見てもらいましょう。

更年期障害の治療

一般的な治療法は、ホルモン補充です。

周期的併用法や持続的併用法などもあります。
しかし、乳ガン・子宮内膜ガン患者、血栓症・塞栓症の既往、
重篤な心疾患、肝疾患や腎疾患をもつ人はホルモン補充療法を
受けることができません。

さらに、子宮筋腫・子宮内膜症をもつ人、高血圧症、
インスリンを必要とする糖尿病患者、原因不明の子宮出血などのある人は
お医者さんに相談して下さい。





更年期障害 トップへ戻る