天然水

天然水

体にいいとされる、天然水の情報などを紹介。

人気買い時通販 > 天然水

南アルプス天然水

これは、良く聞く名前です。

サントリーの定番商品であります。

いわゆるミネラルウォーターには2種類あります。

硬水と軟水

硬水は、ミネラル分が多く
軟水は、ミネラル分が少ない

それだけの違いですが、ミネラル分が多ければ多いほど、
飲みずらい水となってしまいます。

外国のミネラルウォーターはこのあたりに
なります。

しかし、商品名の南アルプスは
外国ではなく、日本の山梨県北杜市白州町鳥原の
南アルプスの伏流水をくみ上げているから
軟水ということになります。

天然水素水

意味としては、深地下環境のような高圧・還元雰囲気下では、
水素の水への溶解度は増加します。

このような環境下の地下水を採取して
「体にいい水素がたくさん溶けた水」と
宣伝して販売されているのが実際のところです。


しかし、体にいいなどとうたわれていますが、
科学的には根拠のある話ではありません。

湧水を採取した段階で水素は大気中に発散してしまいます。

さらに、炭酸と違って水素は水にほとんど溶けません。

元は溶け込んでいても瓶詰めするまでに、
ほとんど抜けてしまいます。普通のミネラル水と同じです。

富士山のバナジウム天然水

富士山の水ということで健康によさそうです。

実際はどうなんでしょう。

天然水素水VanaHが天然の水素を含んだおいしい水になった理由は、
富士山特有の地質構造にあるようです。

富士山は、度重なる噴火が生み出した幾重にも重なる玄武岩層からなっています。

雄大な富士に降り注いだ雨水や雪が長い年月をかけて、
1,000mにおよぶその玄武岩層の地中に浸み込み、
地底深く伏流水となっていきます。

そのため、富士山麓の湧水には、高濃度の天然水素、
天然のバナジウムがたくさん含まれているということで、
今大変注目を浴びています


自然の産物はどれもいいものがそろっています。



天然水 トップへ戻る