糖尿病

糖尿病

糖尿病について紹介していきます。

人気買い時通販 > 糖尿病

糖尿病 初期症状

糖尿病は初期症状が解り難いのが悪化させやすい原因でもあります
なんとなく、身体の調子がなんだかおかしいと自覚症状が出てから、
我慢できなくなって、やっと病院へ行って診察してもらう。
そうなると、手遅れになっていたなんて事が
よくある話です。
そうならないための兆候を知ることが大事になってきます。
代表的な症状としては、「のどが異常に渇く」「尿の量が多くなる」、
「疲れやすい・だるい」、「しっかりと食べているのに体重が減る」、
などなどがあげられます。
しかし、これらの症状は、自覚症状のない初期の段階からさらに進んで、
血糖値が高い状態がかなり続くことにより起こります。
自覚症状が現れるということは、高血糖の状態が 5~10年という長い期間
続いているということになります。
初期症状は感じたとしても、まったく異常とは思わないのが普通です。
しかしこれを放っておくと、意識障害、腹痛などが出てきます。
なので、初期症状の段階で治療を始めないと
完治するのが難しい状態になってきます。

糖尿病 原因

糖尿病は一言で、原因といってもいろいろあります。
糖尿病自体、いくつものタイプがあり、タイプ毎に原因は異なりますので、
一言に纏めるなら、やはり「糖代謝の異常」ってことになるでしょう
詳しく説明するなら、こんな感じです。
●1型
ウィルス感染などによって、体内に作られた抗体が、自己抗体化
して、インスリン産生細胞である膵臓のランゲルハンス氏島β細胞を
破壊してしまうために発症するタイプです。
●2型
これには、更に二通りのタイプがあって、ひとつは、過食や運動不足、
過剰なストレスなどによって、膵臓のインスリン産生能力が疲弊して、
インスリン分泌が少なくなるタイプ。
もうひとつが、同じく過食や運動不足、過剰なストレスなどによって、
体内でのインスリンの効きが悪くなるタイプ。
肥満の人はこのタイプが多いですね。
●妊娠型
今の診断基準では、妊娠期に発覚した場合はすべて「妊娠型」としていますが、
厳密にいえば、妊娠にともなうホルモンバランスの異常によって、
血糖値が下がらなくなるのがこのタイプです。
それ以外の場合は、たとえば別の病気から
この病気になったりする場合があります。
いずれにしても、原因を一言で説明するのは非常に難しいですが、
いずれの場合も、「何らかの原因で糖代謝に異常をきたして、
血中のブドウ糖濃度が異常に高くなった状態がこの病気の特徴
と理解すると良いのではないかとおもいます。

隠れ糖尿病

糖尿病は病名から「尿のニオイが甘い」と連想されることの多い。
古代インド史にも「蜜尿」と記述されるなど、大昔から尿の
状態が糖尿病のサインとして注目されていたようだ。
糖尿病の自覚症状は通常、「痛い」「高熱が出る」といった
苦痛をともなうことはない。
しかも初期の段階ではほとんど症状に気づかないため、
病気と認識できず、見過ごしてしまいがちだ。
さらに、血糖値が正常範囲内という結果が出ても、安心するのは早い。
地域や職場の健康診断で調べるのはおもに「空腹時血糖値」。
朝食抜きで採血した覚えのある人は、この「空腹時血糖値」
を調べたことになる。
しかし糖尿病になりはじめの人は、この「空腹時血糖値」が
正常でも、「食後血糖値」をはかると糖尿病に該当してしまうことがある。
これが隠れ糖尿病。

糖尿病患者メニュー

糖尿病患者のメニューは当然普通の人とは違います。
大事な所では、デンプン質をなるべく減らし、
カロリーを控えめにすることが必要となります。
主食や芋(炭水化物)の量は控えめにして、
低カロリーのおかずを多めにするのが理想です。
もちろん、脂分が多い揚げ物は厳禁です。
どうしても食べたいなら、控えめにして
ごはんも少なめにしましょう。
さらに、味付けは薄めにし、砂糖の使いすぎや高塩分の
漬物などは控えるようにしましょう。
お酒もカロリーが高いので適量を超えないように気をつけましょう。
以上の事を気をつけて、メニューを作ればいいかと思います。

また、自分で作るのが大変な場合は
専門業者に頼みましょう。

糖尿病患者のための健康的なメニューでつくった食事を届けてくれます。

  ↓         ↓


糖尿病 トップへ戻る